デリケートゾーンケアアイテムがバリエーション豊富に

デリケートゾーンは他の身体のパーツに比べて経費吸収率が高く、ph値も異なる繊細な場所。そのため専用アイテムでケアする必要があることは徐々に広まってきています。デリケートゾーン用アイテムというと、まず思い浮かぶのが汚れやニオイを取り除く洗浄用アイテムではないでしょうか。最近ではドラッグストアでも手に入るほど身近になってきましたよね。

そんな中、洗うだけではない新たなタイプのデリケートゾーン用ケアアイテムが次々と発売されています。「第二の顔」と呼ばれるデリケートゾーンを楽しみながらケアしてみませんか?

入浴剤に美容液!デリケートゾーンケアアイテムの変わり種5選

自宅でのセルフケアや外出時のケアなど、普段のケアにプラスできそうなデリケートゾーン用のケアアイテムを厳選しました!

湯船に浸かりながらじっくり保湿「CLAYD キャニスターセット400」

世界最古のクレイブランドである「CLAYD(クレイド)」。自然由来のナチュラルさにこだわった商品を取り揃えています。

強力な吸着力を持つ自然由来のクレイがお肌表面の老廃物を洗浄します。さらにクレイのもつ「アーシング効果」によって体内のプラス電子が流し出されるので、内側からも肌や身体の疲れを取り除いてくれます。

湯船に浸かるだけで潤いを守りながら汚れをオフできる入浴剤を、夜のリラックスタイムに加えてみませんか?

オーガニック処方のオイル「YES インティメイト・オイルローション OB」

イギリスで開発されたオーガニック・デリケートゾーンコスメブランド「YES(イエス)」の商品は、厳しいオーガニック認証機関による認証を受けた信頼度の高いアイテムです。

「インティメイト・オイルローション OB」は、成分の99.8%がオーガニック由来で、また水を全く含んでいません。オイル特有のべたつきが少なくさらさらとしたテクスチャーなので、お肌が敏感な方にもおすすめしたいアイテム。

デリケートゾーン用の保湿アイテムは他ブランドからも発売されていますが、このアイテムは特に深刻な乾燥に悩む方にマストなアイテムです。

植物ベースのすこやかオイル「Waphyto インティメイトオイル」

植物療法士の森田敦子さんが監修したブランド「Waphyto(ワフィト)」からインティメイトオイルをご紹介。

保湿効果のある8種類のオイルをブレンドしたインティメイトオイルには、植物性スクワラン、マカデミア、ホホバ、グレープシード、アンズ、アルガン、月見草、ダイズが含まれています。デリケートゾーンを丁寧に慈しむように指の腹でオイルをやさしく馴染ませながら潤いを与えましょう。

パッケージには「薄香(うすこう)」という温かみのあるカラーが採用され、加えて環境に負担がかかりにくい製法が用いられているやさしさの詰まったアイテムです。

セラムで集中美白ケア「I’m La Floria デリケートブライトニングセラム」

image2.jpg

デリケートゾーンケアでお馴染みの「I’m La Floria(アイムラフロリア)」からはデリケートゾーン用のブライトニングセラムが発売されています。乳酸菌による保湿はもちろん、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスがお肌の透明感アップに働きかけてくれます。

ぷるぷるとしたテクスチャーで、少量でもスーッとお肌に馴染んでくれます。また、医薬部外品に指定されているので安心して使うことができます。

さらにこのセラムはデリケートゾーンだけでなくひじやひざ、バストトップなど全身の黒ずみが気になる部分、そしてなんとお顔にも使える万能アイテム。お風呂上りに愛用している筆者にとってはお守りのような存在です!

シュッと吹きかけいつでもすっきり「iroha INTIMATE DEO REFRESH」

女性向けセルフプレジャーグッズの「iroha(イロハ)」が展開するインティメイトケアラインからは「iroha INTIMATE DEO REFRESH」をピックアップ。

折りたたんだトイレットペーパーや生理用ナプキンに向かってシュッとひと吹きすれば、爽やかなオレンジピールとカモミールの香りが気持ちを晴れやかにしてくれることでしょう。

デリケートゾーン用ウェットシートは水に流せないモノもありますが、こちらの商品はトイレットペーパーに吹きかけるだけで気軽に使用できるのが嬉しいポイント。また、ボトルはポーチに入れておきやすい手のひらサイズ。外出先でもデリケートゾーンの気になるニオイや不快感を取り除くことができますよ。

ますます多様化していくデリケートゾーンケア

image3.jpg

デリケートゾーンケアが当たり前になるにつれて、同時に他のパーツもケアできるものや、お悩みにピンポイントでアプローチできるアイテムが生まれるなど、商品の種類も多様化してきています。

ライフスタイルや目的に合わせてお気に入りのアイテムを見つけて、身も心も満たされる贅沢なお手入れタイムをお過ごしください。

■Writer's Profile

竹田 歩未 Takeda Ayumi

関西在住の大学生。「わたしの性は、じぶんゴト。」というテーマでフェムテックグッズを紹介するフェムテクラブ(Instagram @femteclub)を運営。大学ではジェンダーについて学ぶ傍ら、台湾好きが高じて中国語学習に奮闘中。  

Instagram:@ayumin_tkd
Instagram:@femteclub

竹田 歩未さんの新着記事はこちら 

0012

「音楽という魔法で、共振・共鳴の世界を」鍵盤ハーモニカ奏者・ 妹尾美穂さん

♯グッドバイブスウーマン vol.6。 今回ご登場いただ くのは、鍵盤ハーモニカ奏者の妹尾美穂さん。誰も が小学生の頃に授業で触れたことのある“あの”鍵盤ハーモニカ。プロ奏者として活動する妹尾さんは、 なぜ鍵盤ハーモニカだったのでしょうか。

2024.07.06

Interview

Career

F20BB4F5-B651-4F3C-919F-3DD1F8F3BDC2

【My Egypt Japan】/古代エジプトから伝わる神秘のエジプシャンオイル

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも正解かもしれません。 いずれにせよ、その奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.06.28

Wellness

ノマドランド

「私のバイブル」vol. 1 ライター・黒部エリさん

自身が持つ才能を活かし、クリエイティブな生き方をしている素敵な人に、ミューズたちの指針や道標となり、My Museの在り方を体現するような映画や本、アートをご推薦いただく「私のバイブル」。

2024.06.19

Culture

IMG_9613

「温めすぎて噴き出たダンスへの想い。挑戦することで生まれるエナジーとは」ダンスWS主宰・ERIKOさん

♯グッドバイブスウーマン Vol.5。今回ご登場いただくのは、骨格メソッドの施術や「挑戦を応援し合う」をテーマにダンスWSを開催している小黒英理子さんこと、ERIKOさん。10代から続けてきたダンスを10年前に引退し、ブランクを経て40代の再挑戦。その挑戦は、どのようなバイブスを生んでいるのでしょうか。

2024.06.14

Interview

Wellness

Kurisu1

「それぞれの人が自分らしく生きることのできる世界を作るため、私は“無色”になる」アートプロデューサー・栗栖良依さん

「#グッドバイブスウーマン」第四回にご登場いただくのは、25年以上にわたり、異分野、異文化の人やコミュニティをつなぐことで新たな価値を生み、対話や協働のプロセスを踏みながら社会変革に挑む、栗栖良依さんです。

2024.06.10

Interview

Career