young-woman-1149643_1920.jpg

Wellness

もっと注目されて欲しい「マスク美人メイク」が叶う、隠れ名品コスメ

2020年も残すところ残りわずか。今年は、世界的パンデミックにより生活に大きな変化が現れ、マスク着用が当たり前になった今、私たちの日常的なメイクにも少なからず変化が訪れたように思います。
そこで、今回は「マスク美人メイク」が叶う名品コスメをご紹介します。

2020.12.30公開

マスク着用による肌荒れを防ぐ万能コンビ

「TATCHA(タチャ)」

私がマスク着用有無に関わらず愛用していて、絶大な信用を寄せているメイク下地は、日本由来成分から作られるアメリカブランドのTATCHAのアイテムです。日本ではまだあまり、知名度はないようですがアメリカでは、『ジャパニーズ・ビューティー・プロダクト』として爆発的な人気あるビューティーブランド。京都の舞妓さんの肌のお手入れ方法からインスピレーションを得て誕生したブランドで、TATCHAが展開する商品は全て、日本由来の天然成分から作られています。

Luminous Dewy Skin Mist

ただでさえ乾燥が気になる冬場、さらにマスク着用となると、肌への水分補給は第一優先事項!TATCHAのミストは、メイク前後に使用でき、ファンデーションブラシやスポンジに含ませて使用すれば、潤いも長時間持続。さらに、乾燥で静電気を起こしやすい髪の毛にも最適。原材料には有害物質はいっさい含まれてなく、お子様の肌や髪にも使える優れもの!

The Silk Canvas Protective Primer

ノーファンデ派の私が絶対的信頼を寄せているのが、TATCHAのシルクプライマーです。柔らかいクリームのようなテクスチャーですが肌にのせると、びっくりするくらいサラサラに変化するTATCHAのプライマーには原材料にもシルクが含まれていますが、本当にシルクを纏ったかのような仕上がりに。プライマーをのせるだけで肌色もワントーンアップし、つけているだけでアンチエイジングまでこなす優れものです。

ナチュラルなのに印象的な目元づくりには、マスカラが重要

「ILIA(イリア)」

ILIAもアメリカでじわじわと人気が出てきているクリーンビューティーブランドのひとつで、2019年・2020年にビューティーアワードを受賞したアイテムも多数!

Limitless Lash Lengthening Mascara

ILIAのマスカラは2019年にビューティーアワードを受賞しました。硬めのファイバーブラシは、左右で上下の長さが異なり、下まつ毛や細かいまつ毛も逃すことなくしっかりキャッチしてくれます。ビューティーアワードを受賞しただけあり、一度使うと手放せない存在に。

今期、限定販売されたアイメイクのホリデーセットは即完売する人気ぶりで、愛用者はますます増えていく予感!私も限定ホリデーセットを購入し愛用中です。

「Benefit Cosmetic(ベネフィット コスメティクス)」

Tinted Volumizing Eyebrow Gel

ベネフィットコスメティックは日本でも見聞きしたことのあるブランドのひとつではないでしょうか?こちらも、2019年にビューティーアワードを受賞した眉マスカラで、カラー展開はなんと10色!肌の色も髪の毛の色も多様性をしっかりと反映した商品展開なのが、さすがはアメリカといったところでしょうか。

10色ある中で日本人の肌色や髪色に馴染みが良い色は…?

  • 4 Warm Deep Brown
  • 4.5 Natural
  • 5 Cool Black Brwon
  • 6 Warm

マスクメイクはバランスよく

マスクを着用していると普段のメイクが出来なかったり、全体のバランスをとるのが難しかったりしますよね。マスク着用が当たり前になった今、コスメ選びにちょっとした変化が訪れた方もいるのではないでしょうか。冬場は特に乾燥も気になり、マスク着用による肌への負担も気になるところ。マスクメイクに限らず、お肌はメイクの資本だと言っても過言ではないのでマスクによる肌荒れを防いでくれるミストやプライマーはとっても重要なアイテムです。

そして、アイメイクも欠かせません。マスク着用時、着脱時どちらでもバランスの取れた目元を演出するのであれば、マスカラ選びにもこだわってみてはいかがでしょうか。

■Writer's Profile

ダブリン遥香

アメリカ人夫と国際結婚。一児のおとこのこママ。妻になってもママになっても私らしく!夫と息子とアメリカ暮らしを満喫中。

Instagram:@harukaxostyle
Twitter:@harukaxostyle
Facebook:@HARUKAXOSTYLE

ダブリン遥香さんの新着記事はこちら

DSC00168

「ヒマラヤの少数民族との暮らしで知った愛と祝福あふれる世界とは」MutsumiUmiさん・『Bella Terra』オーナー/デザイナー

「海外で挑戦する女性たち」。第三回目にお話を伺うのは、ヒマラヤの奥地で遊牧民と暮らし伝承される方法で紡いだ羊毛作品を販売するブランド『Bella Terra』のオーナーとデザイナーを兼任するMutsumiUmi(むつみ)さん。

2024.07.06

Interview

0012

「音楽という魔法で、共振・共鳴の世界を」鍵盤ハーモニカ奏者・ 妹尾美穂さん

♯グッドバイブスウーマン vol.6。 今回ご登場いただ くのは、鍵盤ハーモニカ奏者の妹尾美穂さん。誰も が小学生の頃に授業で触れたことのある“あの”鍵盤ハーモニカ。プロ奏者として活動する妹尾さんは、 なぜ鍵盤ハーモニカだったのでしょうか。

2024.07.06

Interview

Career

F20BB4F5-B651-4F3C-919F-3DD1F8F3BDC2

【My Egypt Japan】/古代エジプトから伝わる神秘のエジプシャンオイル

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも正解かもしれません。 いずれにせよ、その奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.06.28

Wellness

ノマドランド

「私のバイブル」vol. 1 ライター・黒部エリさん

自身が持つ才能を活かし、クリエイティブな生き方をしている素敵な人に、ミューズたちの指針や道標となり、My Museの在り方を体現するような映画や本、アートをご推薦いただく「私のバイブル」。

2024.06.19

Culture

IMG_9613

「温めすぎて噴き出たダンスへの想い。挑戦することで生まれるエナジーとは」ダンスWS主宰・ERIKOさん

♯グッドバイブスウーマン Vol.5。今回ご登場いただくのは、骨格メソッドの施術や「挑戦を応援し合う」をテーマにダンスWSを開催している小黒英理子さんこと、ERIKOさん。10代から続けてきたダンスを10年前に引退し、ブランクを経て40代の再挑戦。その挑戦は、どのようなバイブスを生んでいるのでしょうか。

2024.06.14

Interview

Wellness