image2.png

Wellness

地球にも体にも優しい!敏感肌アラサーが選ぶ、素材に配慮した名品コスメ3

生まれつきアトピー持ちで、大人になってもニキビ肌の筆者。使うコスメはなるべく肌に優しいものを選びたいため、よくオーガニックやナチュラルを謳ったアイテムを選びます。ということで今回は、繊細肌の筆者でも日常的に使用できているお気に入りの商品をご紹介します。

2021.02.14公開

原料にこだわる&パッケージもおしゃれな「three」シリーズ

原料の品質はもちろん、国内産という点にも拘っているコスメブランド。敏感肌でも使えるものを探すとなると、どうしても薬っぽいビジュアルのものが多いのがちょっと寂しい時も。滅多に”ジャケ買い”ができない筆者ですが、唯一このthreeはどのアイテムを選んでも肌が荒れず使える上に、このシンプルだけどセンスあるパッケージ。原料はもちろんですが、そんな点でも気分が上がるのでとってもお気に入りです。

筆者がスタメンで使っているのは、下地、ファンデーション、フェイスパウダー、そしてハイライト。しっかり顔全体に塗布するベースメイクなのに、生理前など肌が不安定時も安心して使えています。

天然成分約100%の日焼け止め「エフェラル」

サプミーレ社が出している、天然成分で作られた日焼け止めです。紫外線吸収剤、合成香料、エタノール、合成着色料、パラベン不使用。コスメを買うときは必ず成分表をチェックしているので、これだけ「不安材料が入っていません!」と言ってくれるととても安心します。ほんのり肌色なので、化粧をあまりしない日の肌はこれだけで済ませてしまうことも。プレゼントでもらってから気に入って、ずっと愛用しています。バラエティショップで購入できるのも手頃で嬉しい!

髪、肌全身に使えるオイル「Sign+」

SNSでもよく取り上げられているオイル。オーガニックと謳っているわけではないですが、シアバターや米糠を使って作られています。肌質上、あまり重いオイルをつけると肌が荒れやすいのですが、これはスッと馴染んで軽いつけ心地。寒い時期はクリームを塗った肌に蓋をするように、このオイルを重ねて塗布しています。

また、おのオイルは髪にも使えるところがポイント。アウトバストリートメントとして使用しています。髪は、寝ているとき顔にもつくもの。なので肌にも使えるものを兼用できるのは、肌にも優しい気がしています。

肌が弱いと、あまりいろんなアイテムにチャレンジできないですよね。紹介した3つは敏感肌の私でも使用できているので、同じ悩みの方は是非参考にしてみてくださいね。

■Writer's Profile

MAHARU

雑誌編集者・フリーライター。女性ファッション誌読者モデル。30代に入り、色んな意味で人生の岐路に立っています。働き方や美容をメインに発信していきます!

Instagram:@mahal_mahar

MAHARUさんの新着記事はこちら

0012

「音楽という魔法で、共振・共鳴の世界を」鍵盤ハーモニカ奏者・ 妹尾美穂さん

♯グッドバイブスウーマン vol.6。 今回ご登場いただ くのは、鍵盤ハーモニカ奏者の妹尾美穂さん。誰も が小学生の頃に授業で触れたことのある“あの”鍵盤ハーモニカ。プロ奏者として活動する妹尾さんは、 なぜ鍵盤ハーモニカだったのでしょうか。

2024.07.06

Interview

Career

F20BB4F5-B651-4F3C-919F-3DD1F8F3BDC2

【My Egypt Japan】/古代エジプトから伝わる神秘のエジプシャンオイル

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも正解かもしれません。 いずれにせよ、その奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.06.28

Wellness

ノマドランド

「私のバイブル」vol. 1 ライター・黒部エリさん

自身が持つ才能を活かし、クリエイティブな生き方をしている素敵な人に、ミューズたちの指針や道標となり、My Museの在り方を体現するような映画や本、アートをご推薦いただく「私のバイブル」。

2024.06.19

Culture

IMG_9613

「温めすぎて噴き出たダンスへの想い。挑戦することで生まれるエナジーとは」ダンスWS主宰・ERIKOさん

♯グッドバイブスウーマン Vol.5。今回ご登場いただくのは、骨格メソッドの施術や「挑戦を応援し合う」をテーマにダンスWSを開催している小黒英理子さんこと、ERIKOさん。10代から続けてきたダンスを10年前に引退し、ブランクを経て40代の再挑戦。その挑戦は、どのようなバイブスを生んでいるのでしょうか。

2024.06.14

Interview

Wellness

Kurisu1

「それぞれの人が自分らしく生きることのできる世界を作るため、私は“無色”になる」アートプロデューサー・栗栖良依さん

「#グッドバイブスウーマン」第四回にご登場いただくのは、25年以上にわたり、異分野、異文化の人やコミュニティをつなぐことで新たな価値を生み、対話や協働のプロセスを踏みながら社会変革に挑む、栗栖良依さんです。

2024.06.10

Interview

Career